ENGINEERS OF EMOTIONS

オフィチーナ バッタリンは、本物を求める方にも納得していただける美しいスティールフレームを、カーボンフレーム主流の現在に再発見してもらうための、私たちの提案です。

製品はイタリアで手作りされており、2つの異なるやり方で快適性を重視した“しなり”を感じる性格です。

一つ目のスタイルはマロスティ カーナとバッサネーセで、ヴィンテージを表現しています。

もう一つは、全く別の提案として完全な現代的スタイルのパワー+です。

 

Battaglinはイタリア北西部、マロースティカの街で、職人の手により時間をかけて手作りされる、非常に生産効率の悪いロードフレームです。

素材はコロンバスのSLチューブを使うモデルがMAROSTICANA及びBASANESE。同じコロンバスの軽量チューブを用いるものが POWER+パワープラスです。

すべての工程は正確に時間をかけ、正確なチューブの切削、仮組、ロウ付け、またはTig溶接で組み上げられ、ベテラン職人の技と、正確な測定器で 芯出し作業を行います。

フラックスを丁寧に取り除き、錆止め工程へ。

その後、ポリッシュ作業を経て美しい鍍金を施し、塗装工程へと進んでいきます。

塗装は、他では見られないいわゆる厚塗り。

永き使用を考慮に入れた、特殊な焼付塗装を施します。

独特の美しい色合いは、イタリアの車作りなどで培ってきた顔料がその元になっていると言われ、多くのカロッツェリアが愛した色合いを、自転車フレームにおいても再現しています。

この非常に美しいイタリアフレームを、ぜひあなたのコレクションに加えていただきたいと心より願っています。

Alessandro Battaglin

 

Photo Album:イタリア・バッタリン工房にて撮影

DSC_0177
DSC_0099
DSC_0097
DSC_0258
DSC_0219
 
DSC_0263
DSC_0240
DSC_0199
DSC_0180
DSC_0098
 
DSC_0226
DSC_0193
DSC_0175
 
DSC_0234
DSC_0218
DSC_0225
DSC_0266
DSC_0198
 
DSC_0270
DSC_0188
DSC_0201
DSC_0191
DSC_0176